金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

名目金利に関するQ&A

名目金利に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「名目金利」をご覧ください。

2015年08月12日 Q.質問
日銀の黒田総裁が、異次元の金融緩和を行って インフレ率2%にすると言ってますが インフレ率が2%になったら、名目金利が上がりませんか? 名目金利が上がるということは、国債金利が上がるという事ですよね? そんなことになったら、日本の財政赤字がもっと膨らみ 円安、インフレがさらに加速しませんか? そんなことになったら、国民生活はかなり困窮しますよね? ということは、インフレ率2%なんかは、最初から無理なのか 仮に達成しても、早々に出口戦略を行わないといけないですよね?
2015年08月27日 A.回答
これから行われる日本の悪政や国際的な外国人投資家の動向を考えれば景気が浮上する事や株価が上がり続けることは考えられません。 日本の証券市場の売買代金の6~7割が外国人で為替損の恐怖を与える金融緩和なのでこの株高はろくなことになりはしませんよ。 仮に株価が一時的に上昇しても、国民の可処分所得を減らす増税などで実体経済は悪化しており 売り浴びせのエネルギーがたまっていくだけの話です。 日本の株式市場や為替市場の売買代金が外国人の割合が圧倒的に多いので円安が進むと観測が進むと為替損の恐怖を与えることになります。 見せかけの景気回復もまやかしがばれて、筋の通らない増税で日本経済が沈むのは約束済みでしょう。 現実には大幅な円安で円建て資産の価値が大幅に下落しているにもかかわらず、株価が上がって日本人の資産価値が上昇していると勘違いしている人がいることですね。 しかし、日本市場自体が外国人の売買代金に占められており彼らが売り浴びせに入ればあっという間に沈没します。それに気が付かない人がいるわけです。 ちなみに、個人投資家としては株価の上下落や為替の変動で文句を言うのは無能な人です。 投資は株を買うだけでなく株の空売りや穀物や原油の先物取引など多種多様で外国人投資家なら常識です。だから株価の変動は政権を支持する理由にはなりえません。むしろ増税や非正規雇用拡大による雇用改悪など安倍内閣の経済政策は国民を痛めつけるものが多い。 ところが日本人は株を買うことだけが投資と考えている人が多くいるため外人によって形成された危険な相場に気が付く人がいないのです。円安を進めるってことが外国人投資家に為替損の恐怖を与えていることにすら気がつこうとしません。 発行された国債の利払い額は償還時に決まっていますが、国債の売買価格は定額ではありません。 そのためもし国債を買う人が多く売る人が少ない場合は実質金利は低下します。 また債券の金利や預金金利なども格差を埋める形で変動します。 日銀の超異次元金融緩和は日銀が刷ったお金で国債などを銀行から買いまくるため、債券価格が上昇し金利が低下します。 そしてお金がじゃぶじゃぶになり物価が上がります。 銀行にしてみれば ・保有する国債を日銀が高く買い取るため売れば転売益が出る ・物価が上昇して金利が下がれば 保有しても国債の価値が目減りするので売った方が良いと思う。 そして余ったお金の運用先が株になるのです。 一見株価が上がってよいように思えるかもしれませんがそんなことはなく将来を見据えれば絶望的な材料しかありません。 円安になると(現在輸出超過であるため)貿易赤字が拡大するだけでなく、世界から見て日本の資産価値が落ちていることになります。従って外国人が、日本の資産を持つと含み損を抱えるために日本を安定した投資先とみなさなくなります。今、一時的に株価が上がって外国人投資家も買い越していますがこれは国内の銀行の動きを見越して投機取引で乗っているだけで、日本が信用されたいるわけではなくただ円安による価値目減りと銀行が株を買うことによる株価上昇を天秤にかけてギリギリの資産運用をしているだけなのです。そのため悪材料が出れば外国人投資家が一斉に売り浴びせて大暴落のリスクを常に抱えています。 一方 日銀の金融緩和の最大の目的は消費税増税他いろいろ増税をすることです。だから財務省のOBを送り込んで日銀を乗っ取り日銀と財務省が一心同体となり、お金の価値を下げるとともに、デフレ脱却でなくなったので景気回復したんだとこじつけて増税をすることになります。 結局国民から借りている借金を目減りさせてさらに増税という場当たり的な政策に過ぎません。国民には損害を与えることになります。景気回復するなどの言葉にだまされてアベノミクスを支持する国民もいずれ可処分所得が減った結果消費を抑制することになりますが、それでも物価高と増税が続きます。 国民の生活基盤が崩れた状況になれば株価上昇も見込めるはずもなく一時的な投機取引に乗っている外国人もそれを見抜いているので、一斉に日本市場から手を退くのは時間の問題でその時に本当の地獄絵図が展開されることになります。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN