金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

雑所得に関するQ&A

雑所得に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「雑所得」をご覧ください。

2016年03月23日 Q.質問
住民税についてお尋ね致します。 サラリーマンで給与所得の分の住民税は天引きになりますが、副業で所得が21万あったので確定申告をしました(雑所得です)。 住宅ローン控除があるので所得税は0円でした。副業分の住民税は普通徴収を希望しました。 自分が住むところの住民税は「前年中の所得が34万5千円以下の人」は個人住民税が非課税の人とHPにありましたが、上記の収入の場合、普通徴収を希望した副業分の住民税というのはかかるのでしょうか? そうではなく、給与所得と副業分の所得を合わせて「前年中の所得が34万5千円以下の人」にならない限りは、副業分の住民税もかかるものなのでしょうか? もしおかしな質問になっていたらお恥ずかしいのですが、教えて頂けましたら幸いです。
2016年03月30日 A.回答
住民税は所得割と均等割の合計で成り立っています。 給与も副業も含めた合計所得から計算され、算出された所得割額を給与と副業の所得で按分します。均等割は按分された給与の所得割額足され特別徴収となります。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN