金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

直接利回りに関するQ&A

直接利回りに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「直接利回り」をご覧ください。

2013年05月26日 Q.質問
中国経済が崩壊したら日本経済にも影響がありますか? アベノミクスも終わりますか? 産経新聞の上海支局長が 貴重な情報を発信してます。 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130526/chn13052608260001-n1.htm 【日曜経済講座】 中国「7月バブル崩壊説」 深まる債務の「闇」 上海支局長・河崎真澄 2013.5.26 08:16 (1/3ページ)[中国] 「中国の経済危機は2013年7月か8月に起きる」と予測した国務院発展研究センターの内部報告が、専門家の間に静かに出回っている。 同センターの李佐軍研究員が湖南省の母校、華中科技大学で2年前に内部向けに行った報告で、胡錦濤政権時代の経済政策のツケが今年3月の習近平政権発足後、数カ月で噴出し、民間企業や銀行、地方政府が相次ぎ経営破綻に追い込まれる、と見通した。 その根拠となるのが巨額のデフォルト(債務不履行)懸念だ。李氏の報告では直接触れていないが、貸借対照表(バランスシート)に反映されない「シャドーバンキング(影の銀行)」という銀行の資金運用。さらに李氏が指摘する地方政府の債務で、この2つは密接に結びついている。 08年9月のリーマン・ショックを受け、中国の胡政権は同年11月に4兆元(現在のレートで約66兆円)の緊急経済対策を打ち出して、世界最速で金融危機から脱出した。 だがその過程で、銀行や地方政府が不健全な資金流通を肥大させる副作用が生じ、胡政権は顕在化を強権で抑えてきたフシがある。一方、習政権は「負の資産」を引きずり続けることができず、3、4カ月内にデフォルトなど処理を進めるというのが李氏の見解。市場関係者の間でささやかれている中国「7月バブル崩壊説」の根拠といえる。 中国社会科学院が4月25日にまとめた報告では、銀行による簿外の資金運用規模は明らかになっているだけで、12年に14兆5710億元に達している。同年の名目の国内総生産(GDP)に対して約29%の規模だ。2年間で約2・6倍に膨れあがっている。 このうち約半数は、銀行が年利10%など高利回りをうたって個人投資家らに販売している「理財産品」と呼ばれる金融商品が占める。だが、この金融商品は裏付けとなる資産が不透明で、地方政府による地上げなどグレー資金に回されている可能性が高い。 銀行は簿外で「資金池(プール)」という信託会社などを経由し、中央政府の中国銀行業監督管理委員会などの規制や監査をすり抜ける手口を編み出した。ただ、昨年暮れには中堅の華夏銀行が理財産品の期日に元利金を支払えなくなり、個人投資家が上海で座り込む騒ぎを起こした。 高利回りが保証可能な資金運用先は乏しく、地方政府などの融資先が
2013年05月31日 A.回答
中国経済は既に崩壊してるんだと言う人もいるが、それが事実なら、 http://dadao.kt.fc2.com/houkai2.htm 粉飾操作で国際的金融財閥から中国経済が守られている事になる。 それは「ユダ金」?では、中国経済の崩壊をいつにするかも自由自在 だろうが、崩壊すれば日本アベノミクスどころかアメリカ・ユダ金にも 影響は計り知れない。 米中有事などで米資本の退却がない限り、先ずそんなことはさせないだろう。 ただ、アベノミクス効果でアメリカ経済が脅かされる事態が有る様なら、 中国金融経済を使って、再度の「アベノミクス副作用」と称し、株価暴落の 大口操作をユダ金が仕掛けることぐらいはするのかも・・。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN