金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

アノマリーに関するQ&A

アノマリーに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「アノマリー」をご覧ください。

2013年07月26日 Q.質問
来週の日本株の出だしはどうでしょうか。 私は、「暴勇を奮って」、ETFレバレッジの信用買いポジションを大きくとりました。実際、賭けにまけるかもしれません。しかし、大きく下げた翌日に反動で上げてくることは比較的多い。また、週末の下げで、土日を挟んで雰囲気が変わる場合もある。さらに、日経の年間アノマリー推移票によると7月末の数日は上げで終わっている。また、今日の終値は、ほぼ、25日移動平均線を取り戻して終わっている。 為替円高傾向にある点は、かなり、心配であるが、どうだろう。 全て、勝負は、本日の米国市場動向次第だと思う。
2013年07月29日 A.回答
さぁ? 予想することに、ほとんど意味はないと思うが。 ダウ平均は、下げて始まったが、結局戻し、終値は木曜と変わらず。シカゴの日経先物の終値は14000円を割り込んで週末を迎えている。 いくらで寄り付くかよりも、そのあとの動きの方が重要。多少高くよりついても、金曜の下値を割り込むなら、そのままずるずる行く可能性が高い。一方、終値で金曜の半値以上戻せば、短期では金曜の下値が底ということでいいだろう。 大きく雰囲気が変わった感じもないし、金曜の上値付近で寄り付くことはあまり考えられない。 確かに、3月頭、4月頭の押し目では、25日線が抵抗線として機能していたが、6月には大幅に25日線を割り込み、今月それが機能している保証はない。むしろ突き抜けて下値を探る展開とみる。 6月末に25日線を回復した直前の底値より、高いところで下げ止まれば、今後上昇の兆しありでいいと思う。26週線まで落ちるようなら、材料なしに上げに転じるのは難しいだろう。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN