金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

金融商品取引法に関するQ&A

金融商品取引法に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「金融商品取引法」をご覧ください。

2014年03月28日 Q.質問
FXと不招請勧誘禁止法に関する質問です。 今度DMMでFXを始めてみようかと思うのですが、注意事項の中に「お客様より事前に要請(契約申請)がない限り訪問・電話による勧誘はできない取引」や「勧誘対象外は勧誘の日に未決済の残高をお持ちのお客様の場合(つまり暫くやってないと勧誘がくる?)」とありまして、これは契約時(口座開設時)やそれ以降に自宅に訪問又は電話が来るということでしょうか?流石にこれは迷惑なので、もし頻繁に自宅へ勧誘が来るようならFXを始めるのは止めようと思っているのですがどうなのでしょうか? 無知ですみません。DMMのFX経験のある人がいらっしゃいましたら、実体験?を書いてくださると嬉しいです。 因みに「」の中はわかり易いようにちょっと手を加えてます。 原文はこれです。↓ 本取引は、金融商品取引法において不招請勧誘禁止の対象となっている店頭デリバティブ取引であるため、お客様より事前に要請がない限り訪問・電話による勧誘はできない取引です。(注1) ※ この取引に関して行われた勧誘が訪問・電話による場合、お客様の要請によるものであることを改めてご確認ください。 ○ 本取引は、証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、場合によっては、大きな損失が発生する可能性を有しています。また、その損失は、差し入れた証拠金の額を上回る場合があります。お客様の窓口へのご来店又は勧誘の要請により勧誘が開始された場合においても、本取引の内容等を十分ご理解の上、お取引いただきますようお願いいたします。 ○ お取引内容に関するご確認・ご相談や苦情等につきましては、当社コンプライアンス部(03-3517-3285)までお申し出ください。なお、お取引についてのトラブル等は、以下のADR(注2)機関における苦情処理・紛争解決の枠組みの利用も可能です。 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター 電話番号 0120-64-5005(フリーダイヤル) (注1)ただし、以下に該当する場合は適用されません。 法人のお客様の場合 個人のお客様で、当該取引に関して特定投資家に移行されているお客様の場合 勧誘の日前1年間に、2以上のお取引いただいたお客様及び勧誘の日に未決済の残高をお持ちのお客様の場合
2014年04月12日 A.回答
あなたの読字能力、日本語は生徒以下にいます? 招待は電話を、どちらか来ることによって行なわれません。 元人のように辞職するほうがよい。 として心配/それ/質問者に関して FXの中で止まるべきです。 それがま、および名前が一度売る大企業であるので、事態は、そんな奇妙な事態が基礎をまた持っていないことを知りませんか。 人々は非個人的嗜好を持っています。 それが時間または金銭でマージンを持つことができる場合、始まるほうがよい。 理解することができない場合、直接日本、どちらか。 彼はDMM FXユーザです? すなわち、顧客の側のリクエストはねじれるかもしれません。また、それは制限されているかもしれません。 過去の無知の人のように(金欲)であるそれはれれれになります。 それは来ません、しかし買う、そして工場、またある?.. それは新聞売り子に作動することができます、あるいは? 頭使わず。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN