金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

付加保険料に関するQ&A

付加保険料に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「付加保険料」をご覧ください。

2014年04月18日 Q.質問
生命保険に詳しい方、見直しのアドバイスを下さい。 生命保険に詳しい方、見直しのアドバイスを下さい。 40歳の専業主婦です。主人(45歳)と小学一年生、3歳の息子がいます。20歳の時から第一生命に入っています。担当者は一緒です。10年満期の更新型で、今年の1月から現在のプランになりました。以前のプランのままだと保険料がかなり上がるとのことで、担当の方がプランを組みなおし、現在のプランになったのですが、それでも以前より3000円近く保険料が上がってしまいました。子供にもお金がかかってくるので、少し見直そうと思い、自分なりにいろいろ調べたのですが、 (保険名)5年ごと配当付終身保障「ブライトWay」70歳払い済 ①主契約(死亡保障金額)30万円 ・月額支払額(759円) ②定期保険特約(1720万円) 月額支払額(5417円) ③特定状態充実保障付死亡保障特約(50万円) ・月額支払額(486円) ④特定状態保障定期保険特約(200万円) ・月額支払額(1585円) ⑤女性特定治療特約D(100万円) ・月額支払額(567円) ⑥新総合医療特約D(6,000円) ・月額支払額(2538円) ⑦入院一時給付特約D(3万円) ・月額支払額(480円) ⑧無配当先進医療特約(技術料と同額) ・1月額支払額(128円) ※月額支払額は、毎月の保険料のことで、総額11,960円払っています。②~⑧は10年満期で、10年後に保険料があがります。 見直したい点ですが、まず、②の定期保険特約。専業主婦の私に1720万の死亡保障が必要なのかという点。200万~300万あれば(多くみても500万)十分なのではないか。次に、③と④ですが、④は3大疾病(所定のガン、急性心筋梗塞、脳卒中)、所定の要介護状態、所定の身体障害状態(になった時に、一時金が下りるもので、例えば脳卒中だと60日以上まひや歩行、言語障害が継続して起こった場合、要介護2級以上と認定された場合など、かなり重度の状態にならなければ下りないというもので、実際に認定され保険の対処になるのはごく稀なのではないかと思っています。③は④よりも軽い状態でも一時金が下りるというもので、脳卒中だったら1日以上の入院から保障されるようです。③と④はセットで付加のようです。飛びますが、⑥の新総合医療特約Dでは、病気や怪我で1日以上入院(日帰り入院含む)するとこのプランだと日額6,000円、所定の手術を受けると外来手術でも入院給付金の5倍、入院なら20倍の給付金がもらえます。なので、これで十分なのではないかということ。不安なら、こちらの保障をもう少し増やせばいいのでは。 続いて⑤は乳がんの手術、子宮、卵巣の摘出手術など、女性特有の所定の手術に備える保険ですが、これも先ほどと同様で、⑤の保障で十分なのではないかと思っています。続いて⑦の入院一時給付特約Dですが、一日以上入院をした時に一時金として支払われるようで、これは私のプランでは3万なので、これくらいなら用意できるので不要に感じます。最後に⑧ですが、これは先進医療を受けた時に支払われるものらしいのですが、これについてはよく判らないので要検討です。 全くの素人なので、これが最適なのか全くわかりません。詳しい方のアドバイスをいただければ助かります。少しでも家計を楽にしたいので、よろしくお願いします。それから、私の場合は70歳で払い込み満了するのですが、70歳を過ぎて死亡した場合は主契約の30万円しかおりないのでしょうか?
2014年05月03日 A.回答
それが貴重な財産であるので、完全に質問するほうがよい? 確かに何が更新型ではないか今後検査される保険が決める場合。 彼は長々と読みがちだったと感じないか。 子どもの成長、それがそのような会談に関して勇敢になって確信することができる内容を提案する人々と相談してください。 保険の危険に関して十分な説明を与えずに、第一生命保険がサインをとり、クレームがそれに関して入れられれば、それは説明として静かである「そのような説明の義務は法律上課されない。」 さらに、嘘は説明される。また、さらに、ビジネス・チャージは静かで、「そのような説明を与えることができない」と言う。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN