金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

トータルリターンに関するQ&A

トータルリターンに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「トータルリターン」をご覧ください。

2016年03月11日 Q.質問
ドルコスト平均か大暴落時一点買いか 例えばS&P500をインデックスとするETFに投資する場合、毎月積立と大暴落時のみにまとめて投資するのとではどちらが有利でしょうか? もしドルコ スト平均方の分やや割安に買えトータルの運用期間も長くなる毎月積立の方が有利なら、信託報酬0.0945%とやや高いけど売買手数料無料のカブドットコム証券でSPYに毎月積立しようかと思います。 逆に大暴落時に集中投資する方が大幅に有利なら信託報酬0.05%のVOOに挑戦するか迷うところです。その場合は高額なら為替コストの面で有利なSBI証券にしようかと思います。 「相場感次第だから好きにすればよい」という感覚的なお答えではなく、仮に今後のS&P500が7年周期でに暴落と高騰を繰返しリスク15%、リターン10%と仮定したら理論的にどちらが有利でしょうか?? めんどくさい質問ですいませんがよろしくお願いいたしますm(__)m
2016年03月17日 A.回答
結論から言うと同じになります。 底というのは振り返って過去を眺めるからわかるのであってそれがわかった時点ではもう底では買えません。 もちろん大底を買える人もいますが、大数量の法則から言えば、結局あなたが買える値段はその期間の平均値に収束します。これって事後的にはドルコストの平均購入単価と同じになるのです。 いや俺は相場の天才で天底がわかるとご主張なされるのであればそれはそれで構いません一発勝負やってください。でももしそうであるならここでこのような質問をたてること自体無意味ですよね☆ バブル崩壊直後、日経平均が39000円から37000円になった時にここが大底だ~っていって全力買いした人はいくらでもいたのですよ。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN