金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

オプション戦略に関するQ&A

オプション戦略に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「オプション戦略」をご覧ください。

2016年09月08日 Q.質問
個人投資家で、先物やオプション、裁定取引をしてる人の割合って どの程度いるものなのでしょうか? イメージ的にはごく少数(1割満たない)と思うのですが。 私は専業で個別銘柄だけで投資をしているのですが、 ラジオNIKKEIなどを聞いていると、後場のアナリストが場中、 SQやら、ロールオーバーやら、裁定買い残やら、コール、プットなど、 個人投資家には全く関係ない単語を並べて無駄に解説しているのにいら立ちを覚えます。 機関投資家の戦略を延々と述べられても、その他大勢の個人投資家にはなんの参考にも なりません。 ただ、私の浅はかな勉強不足で、このオプション取引等が個別銘柄選びに外せない重要な事と いうことなら、教えて下さい。 実は、含み損が大きく今までの投資ルールが見えなくなってきており、 新たに、先物や裁定取引に挑戦するべきか悩んでおります。
2016年09月12日 A.回答
含み損を抱えているということは「投資家」なんですよね。先物・オプションはトレードの世界ですからやるならスタイルが全く変わりますが大丈夫ですか? 個別株のデイトレからはじめたほうがいい気がしますが。 それから最初の質問ですが、個人の先物・オプションやるのは熟練・大口の一部だけですから、やってる人はレアだと思います。 大多数の個人はすこしやって、儲からないもしくは大損してすぐやめる。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN