金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

売買停止に関するQ&A

売買停止に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「売買停止」をご覧ください。

2009年01月16日 Q.質問
☆これから日本国内は現金を廃止し、全部電子マネーにした方がプラスになりませんか? 我が家は、現金というものを殆ど使用する事ないので、ケツ拭き用の紙代わりで使用しております。 その代わりに、Suica、TOICA、 ICOCA、パスモなどの電子マネー(ICカード)を使用していますが、とても便利ですね・・・。 札や小銭を確認する手間ひまがかからない上、現金の払い違いと受け違いの防止。個人だけではなく、現金をなくすシステム導入により、 資金の動きから犯罪組織やテロ組織の動きを察知し易い点、万が一犯罪等が起きた場合、ICカードに記録される履歴などで犯人特定の助長性、またICカードを直接にめぐる被害(盗難、紛失等)が起きても即時に利用停止機能などによる被害拡大を抑える軽減効果などと、非常に安全性が高いと思います。 反面、問題点として、 ①個人情報が流出・売買される危険性 ②電子マネーが使用出来るシステムが限定される ③外国の両替所で円を現地通貨に両替するにはどうしたらいいか? ④電子マネー化が進む事による法改正の有無 以上3点が大きな問題で課題として取組み、考えなければなりませんが。課題として、 ①造幣がなくなる代わりに、国が特別のICカードを発行、システム及び個人情報を財務省が厳重管理、民営に関しては各事業体で管理 ②日本国内の現金をなくす為に、国内全域に管理システムを導入して拡大させ、全て網羅させる。 ③電子マネーの機能に「\\電子マネー→現地通貨、現地通貨→\\電子マネー」など換金機能を搭載し、現地の両替機に差し込む事で、現地通貨が直接、引き出せるなどの方法で換金可能にする。 ④個人情報が流出・売買される危険性を防止する為の刑法を制定 上記の事を考えておりました。何にしても現金持ち歩きを無くし、これからは電子マネー主流で現金廃止すべきだと思いませんか?
2009年01月19日 A.回答
>電子マネー主流で現金廃止すべきだと思いませんか? 非常に難しい問題があります。 ①磁気カードは電磁調理器等の近くに行くとデータがパーになってしまいます。このような場合は泣き寝入りさせるのか? 保証するとしても事前の残高が誰にも分からない。データが消えているから証拠が無い。 ②電子系機器は結構偽造しやすい。偽造電子マネーはどのようにすれば防げるのか? 電子マネーチャージとかもその気になれば偽造できるでしょうね。 また、その電子マネーを管理するシステムがパソコンなどでの制御であればハッキングされてデータ改ざんされる可能性がたかくなるでしょう。 どんな暗号化技術でもすぐに破られてしまう現状があります。 現在の銀行で使われている暗号化技術もある大学で開発したプログラムで破れたらしいです。 世界中のハッカー達が大挙して日本にアクセスしてくるでしょうね・・・。 こういった事情があるため電子マネーのチャージ金額が小額に設定されていると思います。(小額だと割に合わないので皆本気ではやらない) ③ICカードを発行、システム及び個人情報を財務省が厳重管理とありますが、これは確実に個人のプライバシーがなくなります。 どこで誰がいくら使ったかとかがすぐにデータで分かるんですから・・・。 住基ネットでもあれだけもめたんだから、この件に関してはもっと凄い反発が予想されますよね・・・。 以上の点より現状は電子マネーは夢の構想でしょうね。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN