金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

VaR(Value at Risk)に関するQ&A

VaR(Value at Risk)に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「VaR(Value at Risk)」をご覧ください。

2009年01月18日 Q.質問
最近ものすっごく安くなったUSBメモリを、HDD代わりに使った場合の耐久性ってテストされた方いますか?今、UbuntuをUSBメモリに丸々インストールして使っています。/var以下をどこかに逃がしたりもしてません。 USBメモリは恐らくフラッシュメモリなので、読書きの回数が有限なのは知っています。でも最近のトランセンドの4GBなんて、永久保証799円でディスカウントショップで売ってます。さすがにS.M.A.R.T.使うこともできないので、いつまで大丈夫なのか全然わかりませんが、とりあえず潰れるまで試してみています。ちなみに、NagiosとMuninとSnortを入れて監視サーバにしていますので、ログやグラフの描画の量は多いです。何ヶ月持つでしょうか?1年持ってくれれば実用的かなぁと考えています。2年持ってくれれば製品化も可能かと…。でも、あとどの程度使えるか目安になるS.M.A.R.T.みたいなツールがないと不安ですよね。 /var以下をHDDに格納しましょうとか、NFSで逃がしましょうとか、最初からiSCSIにしましょうとかいう回答は当たり前すぎて楽しくありません。USBメモリを、HDD代わりに使った場合の問題点や解決策をお待ちしております。
2009年02月01日 A.回答
一応フラッシュメモリは消耗品ですから何ともいえませんが、トランセンドのSDHC/SDカードは、10000回の耐久性をもっているみたいですので、1年半くらいはもつと思います。 使い方にもよりますが。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN