金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

リスクプレミアムに関するQ&A

リスクプレミアムに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「リスクプレミアム」をご覧ください。

2011年08月03日 Q.質問
投資信託の「米国ハイイールド債券 ブラジルレアルコース」について 最近、アメリカがデフォルト問題や、格付けが下がるリスクで騒いでいますね。 私は投信をしていて、最近「米国ハイイールド ブラジルレアルコース」という商品に興味があります。 アメリカの格付けの低い社債に投資しながら為替ヘッジを結んでプレミアムをつけるという商品です。 新聞でも、通貨選択型が人気だと書いてありました。 銀行に話を聞きに行ったら、「分配金が180円出ていて、収支のバランス的にまだ余裕がある分配金の金額」という風に言っていました。 要は、利益がないのに無理矢理出しているのではなく、利益が上がっている状態での180円の分配金ということらしいのですが。 ただ、アメリカのデフォルト問題は一時的に回避された感がありますが、格下げリスクもまだ残っているように思います。 社債なので関係ないのかなとは思っているんですが、やっぱりアメリカ国債が格下げになったら、社債にも影響が出るものなのでしょうか? 今買うのはやめたほうがいいですか? どなたかマーケットに詳しい方、ご意見をお聞かせいただけたらと思います。 よろしくお願いします。
2011年08月07日 A.回答
社債も影響は受けます。 格付けに応じた債券の利回りはAAAの債券にどれだけ金利が上乗せされるか?によって決まります。発行通貨の金利。 景気が悪くなれば、格付けの低い企業の債券デフォルト率は上昇します。(不景気で倒産が増えるのと同じ理屈) 当然AAAがAAに下がるだけで、最初のバーが高くなります。んで、金利が上乗せされていく。利回りは高ければ高いほど、債券価格は値下がりしていきます。 今が買いかどうかは判断しかねます。今後の見通しが米国は暗そうですが、夜明け前が一番暗い、なんて言いますしねぇ… 個人的な見解です。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN