金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

デュアルカレンシー債に関するQ&A

デュアルカレンシー債に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「デュアルカレンシー債」をご覧ください。

2011年11月08日 Q.質問
デュアルカレンシー債について。外債の中途売却する際、経過利子に対しては非課税扱いとなり満期までもつよりも、直前に売却した方が手取りが多くなります。 円払込、円償還のデュアルカレンシー債についてはどうなんでしょう??わかるかたいたら教えてください!!お願いします!
2011年11月15日 A.回答
>直前に売却した方が手取りが多くなります。 勘違いしやすい部分ですが、必ずしもそうではありません。確かにクーポンにかかる税金は非課税ですが、債券売却時には債券価格が償還前とはいえかなり割り引かれてしまうので、クーポンについて非課税である以上に安く買いたたかれてしまいます。高クーポンなら、場合によってはオーバーパーで買い取ってくれるかもしれませんが、クーポン金利が低いとほぼ額面割れでの買い取りとなります。 わずかな満期まで保有していたほうがいいこともあります。利益は雑所得扱いで総合課税の対象ですが、な・ぜ・か、個人保有の債券の償還について、支払い調書出ない。 流動性が低いので換金する場合は注意が必要な債券です。 個人的な見解です。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN