金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

取り付け騒ぎに関するQ&A

取り付け騒ぎに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「取り付け騒ぎ」をご覧ください。

2011年11月24日 Q.質問
野村証券は大丈夫なのだろうか。 野村証券系の野村不動産と野村総合研究所を売却するとか言っているが、本業の証券金融関係は相当大変なはずだ。さいやく倒産するようなことになれば、大和証券もどうなる、三菱東京UFJ、三井住友、みずほ銀行もどうなるかということになり金融危機が再現されて風評被害がながれ、金融機関に取り付け騒ぎになる可能性があるのではないか。私の会社はみずほ銀行だ。万が一倒産するようなことになればうちの会社もアウトだ。何とかそうならないように国が公的資金かなんかして融資してくれるのだろうか。野村証券は最大手の証券会社であるが何とか倒産しない方法はあるのか。何とかなるのか。その辺がよくわからない。どうなるか皆さんの意見を聞きたいです。よろしくお願いします。
2011年12月01日 A.回答
倒産はまださすがに早いですよwwww 証券会社は基本的に顧客の資産と会社の資産は基本、別区分です。銀行は預金資産はごった煮になるんですけど。その点で、全く関係ありません。私も野村に預けているものがたくさんありますが、つぶれれば別の会社に移管する手続きをとるだけです。事故があれば機構に保証してもらいます。それにあれだけムダにでかくホールディングスとしてやってきたのですから、ゴミは売ってしかるべきでしょう。ただ、もともとコアの事業がへぼく成っていますから、HDはビジネスモデルとコンセプトを改めて丁寧に熟考する必要はあるように感じられます。尚、野村HDと野村證券は別会社です。 倒産させるべきときが来たら延命させるべきではありません。さっさと徹底して潰すべきです。債務債券は基本的には同業他社が引き継ぎますから。すべての金融機関において私のこの意見が変わることはないと思います。 補足回答 先の回答のとおり、証券会社の資産ではありませんから、全額保全されています。(MRF1口だろうが1000兆口だろうが、野村HDの株券100万株だろうが保護されます。)事故によって保全されなかったの場合、基金によって補填がされます。最大で時価ベースで1000万円までの基金補填が受けられます。資産はば区分されて管理されているため投資家は倒産後速やかに全資産を別会社に移管する手続きが必要となり、その手続きの完了までの間、市場での売却が出来なくなる恐れがあります。尚、デリバティブや先物、信用取引などの商品の場合は未決済(含み益を含む)の利益は保全の対象外です。無論ですが、損失などの債務を決済済みのもので抱えている場合は預かり金やMRFなどの債権から差し引かれます。この辺は証券会社の契約時のなが~い文章にきちんと書いてあるので、きちんと読み返しましょう。その内容だけならタダでもらえますから、店頭やウェブサイトでもらって確認してください。 あぁ、そういえば、現物の受け渡し期間までに倒産したものがどうなるかは私も知りませんでしたね。まぁ、決済は済んでいるので保全対象となるかとは思いますが。細かいことは証券会社の相談・苦情・意見などなどの窓口で聞いてください。 *尚、FX業者は区分管理は必要とされていますが、レバレッジを利かせている上に、基本的に未決済のものが多いため、通常は債務債権が恐ろしい額になっています。この点で、信託によって保全されているかが重要となります。大抵は弁済する命令が出ますが、支払い様がない業者がほとんどであるため気をつけましょう。この辺も業者のウェブサイトなどになが~い文章がPDFか何かで出てますから、きちんと読みましょう。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN