金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

投資信託振替制度に関するQ&A

投資信託振替制度に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「投資信託振替制度」をご覧ください。

2006年08月17日 Q.質問
来年(2007年)1月4日より、「投資信託振替制度」なるものが、開始され、投資信託の証券を電子化して、国が一括管理する仕組みのようですが、この目的は、国税庁が有価証券売買に関わる税金をもれなく徴収しようとする為に導入されるものでしょうか?説明書には、盗難リスクが解消されるなどと書かれてますが、それだけの理由でこれだけ大規模なシステムを作るとは到底思えません。真の目的は何でしょうか?
2006年08月19日 A.回答
とても大きな想像力ですね。投資信託は株式と違って、基本的に購入した金融機関で売り買いしますので、株式と違って電子化しやすいので、株式が電子化するなら投信もと言うことでしょう。多くの投資家の方々は投信に受益証券(本券)があることを知りません。ほとんどの方が保護預かりなので、まぁ、関係ないといえば関係ないですね。http://slow-money.com
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN