金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

償還期限に関するQ&A

償還期限に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「償還期限」をご覧ください。

2013年01月25日 Q.質問
国の借金=国民の債権? だとラジオで確か三橋さん?とかいう経済評論家さんが言っていました。 国民は生まれながらに1000万近くの借金を背負ってるというのも嘘だそうです。 先の世代に負担を強いているというのも嘘だそうです。 なぜそうなるかはよく理解できなかったんですが 国民の預けたお金で銀行が国債を買っているから、国民は債権者ということでしょうか? しかし、その場合でも債務者はといったら政府なので、結局税金から借金返済するわけです。 国債の償還期限は何年かしりませんが、後の世代が税金で利息も含め返済することにかわりないのでわ?
2013年02月01日 A.回答
「三橋さん?」を存じ上げませんが、似たような屁理屈はときどき聞きます。 >国民は生まれながらに1000万近くの借金を背負ってるというのも嘘だそうです。 「三橋さん?」は、 「借りているのも貸しているのも日本国民だから、正味の借金はほとんどない」 と言いたい訳です。 確かに、 どんぶり勘定で、日本全体を1つの経済主体として見るとそのとおりです。 でも。 ほんとは、そんなアホな理屈は通りません。 そんな「どんぶり勘定理論」がまかり通ると。 世界中の債権と債務は一致するので、 「世界中に借金は存在しない」と言うこともできてしまいます。 いったい「三橋さん?」は どんぶり勘定で何を主張したいのでしょうね。人類愛の主張ですかね。 では。 日本の借金をもう少しだけ正確に見ると・・・。 借り手: 日本政府 (税金で返済するので、納税者(日本国民)が債務者) 貸し手: 国内金融機関 (1,300兆円の個人金融資産が資金的裏付け) ※当たり前ですが、 1,300兆円の個人金融資産は、国民全員が仲良く保有しているのではなく、 偏って存在しています。 このように、日本国民の中でも、債権者と債務者は分かれています。 「同じ日本人だからチャラにしてよ~」なんて、当然まかり通るはずもなく、 「どんぶり勘定理論」は意味をなしません。 「三橋さん?」のお話を聞いた訳ではないので 一応、「三橋さん?」のフォローもしておきます。 「三橋さん?」は。 日本の対外債務として見た場合、その額は小さい。 国内問題である限り、日本政府のコントロールできる状況であるので それほど心配する必要はない。 という主張をしていたのかもしれませんね。 もし、そうなら同意です。 >先の世代に負担を強いているというのも嘘だそうです。 これはおそらく、国債残高をゼロにする必要はない、 ということを言っていると思います。これはその通りだと思います。 個人の場合、いずれ寿命で死にます。 そして、子孫に借金を残したくないという感情を持ちます。 しかし、政府や企業は未来永劫続くことを前提で考えてよいのです。 適度な国債残高を持ち、経済状況を睨みながら増減させている分には、 健全な財政運営と言えるのです。 でも、今の1,000兆円は多すぎます。 税収に占める利払いの負担が大きすぎ、健全な状態ではないです。 (すぐにデフォルトするという意味ではないです)
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN