金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

一時払い終身保険に関するQ&A

一時払い終身保険に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「一時払い終身保険」をご覧ください。

2013年03月06日 Q.質問
生命保険の見直しを考えています。保険料が高い気がするので見直しを考えています。アドバイスをお願いいたします。 現在加入している保険が高い気がするので見直しを考えています。家族構成は夫29歳、妻29歳、子供1歳です。 現在加入している保険は以下の通りです。 ①夫 ・医療保険 ひまわり生命 日額5000円終身 60歳払込 月/2331円 ・がん保険 日本興亜 日額5000円終身払い 一時金100万 月/1063円 ・生命保険 あいおい低解約返戻 定期(100歳まで)60歳払込 死亡500万 払込時解約355万 月/6725円 結婚時に上記3つに加入し、子供が生まれたことにより以下二つに加入 ・収入保障 ひまわり 60歳まで 月12万円 月/3012円 ・低解約返戻(学資代わりに加入) 死亡300万 払込42歳まで 払込後解約時167万 月/8382円 夫の保険料合計 21513円 ②妻 ・医療保険 ひまわり 日額5000円 女性・先進特約付き 終身払い 月/2295円 ・がん保険 日本興亜 日額5000円終身払い 一時金100万 月/870円 ・生命保険 あいおい低解約返戻 定期(100歳まで)60歳払込 死亡200万 払込時解約128万 月/2364円 妻の保険料合計 5529円 世帯合計 27042円です。 出産までは妻も働いていましたが、出産を機に退職したため、より保険料を抑えられればと考えています。内容ごとに加入先を変えているのはその都度解約、減額等を行いやすくするためと考えています。 夫、妻ともにかけている生命保険は払込後は老後のための貯蓄にもなるし、補償としてはいいのかなと思っています。また学資代わりの低解約定期も、すべて保険で賄うつもりではなく貯蓄と併用したいと考えて保険料を抑えているつもりです。 見直しをするとすれば医療保険なのかなと思いますが・・共済等に加入しなおしたほうがよいでしょうか?またがん保険は月額が安いのでお守り代わりのように加入していましたが、これもやめたほうがいいでしょうか? 高額医療制度等があることを考えると医療保険に支払う金額が大きすぎる気もします・・・アドバイス、よい保険等ありましたら教えてください。
2013年03月13日 A.回答
優秀な保険じゃないですか?よく考えて作られてますね。 質問にだけお答えしますね。この保険を見直したいとしてどこを修正するのか?? 質問者様は保険と貯蓄を併用してると言われていますね。確かに、そのような内容で組まれていますね。旦那様の保険料が月に21,513円ですね。その中に貯蓄的意味合いの保険が15,107円あります。単純に保険部分は6,406円です。 この6,406円を見直ししても効果は薄いかもしれませんね。この中の医療保険2つ(旦那様、奥様)を共済に変えたとしても共済も月額2,000円くらいしますからね。しかも65歳前後で保障がなくなる。見直す意味も価値もありませんね・・・ お2人の保険としてみますと2人で27,042円支払い貯蓄部分が17,471円、保険部分が9,571円ですね。解約しても差し迫って困らないのは貯蓄部分かもしれませんね。勿論、解約で大きなマイナスは発生しますが医療保険、ガン保険は安く入られてますし大事にして欲しいですね。もし、金銭的に何かを解約しなきゃいけないのであれば学資がわりに選ばれてる月額8300円を解約しますかね。解約して貯蓄していきます。学資を貯める事を目的とするならば貯蓄にしても問題はありません。医療保険、ガン保険は万が一の為に最低限は残したいですね。とは言え保険に正解・不正解はありませんのでね。難しい話ではありますが考えてみてはどうでしょう?わからないことありましたら補足等で再質問してくださいね~
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN