金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ウォール街に関するQ&A

ウォール街に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「ウォール街」をご覧ください。

2013年06月09日 Q.質問
FX取引をやってる人は今の為替相場で儲けてる人はいますか? 今は 100円を超えたり90円台に下落したりしています。 読んで ↓ 産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130608/fnc13060814000004-n1.htm , 【マンハッタンの風景】 ドル高、黙認のわけ 「日本機関車論」再び台頭 2013.6.8 13:56 (1/3ページ)[為替市場] 「日本で起きたリーマン的現象」。 日本株が1100円超の急落を演じた5月23日、仏大手銀ソシエテ・ジェネラルは、こんなメールを顧客に一斉配信した。 「リーマン的現象」とは、相場が急落することで保有する証券の担保価値が低下した投資家や金融機関が急速に売買を縮小し、結果的にさらなる相場低下につながるリスクを指す。2008年に米大手投資銀リーマン・ブラザーズが破綻した際にも、売買の担保となっていた証券化商品の価値が下がることで信用不安が拡散した。「売りが売りを呼ぶ」構図である。 「出口戦略」検討 安倍晋三政権が本格的な金融緩和策を打ち出した昨年末から、外資系を中心とする投資家が日本国債などを担保にして低金利の円資金を借り、相対的に利回りの高い外国証券を買う「キャリー・トレード」と呼ばれる取引を活発化させていた。 23日の株価急落の背景の一つには、日本国債売りがあった。担保となっていた日本国債の価格が急落(金利が上昇)して価格変動リスクが上昇したため、投資家らは追加の担保差し入れ、または売買の縮小を迫られたからだ。「キャリー・トレード」が巻き戻される格好で、日本市場の混乱が米国債売りという形で海外に飛散するシナリオをソシエテ・ジェネラルは恐れたのである。 現在、米連邦準備制度理事会(FRB)内で一連の量的緩和を徐々に解除する「出口戦略」が議論されている。ウォール街では株価が最高値をつけた5月22日、バーナンキFRB議長が議員との質疑応答で「出口戦略」を検討する時期を示唆すると、米国債が売られて株価も急落した。 米株式市場では過去20年間、代表的な株価指数であるS&P500が最高値をつけた同じ日に1%以上下げた例はネットバブルの00年3月と金融危機直前だった07年10月の2回しかない。バーナンキ発言をきっかけに、「株式相場が調整して国債利回りも上昇する」との見方が急速に米ウォール街で増えている。 金利を低位安定 だが、米国の失業率は依然として高く、企業の売り上げも伸び悩み。急に金利が上昇すれば景気回復の腰を折ってしまう。だからこそ、量的緩和を軸とする日本のアベノミクスが生んだ「キャリー・トレード」や日本の投資家によるドル資産買いが期待されているのだ。 (続く)
2013年06月13日 A.回答
月末辺りは調子悪かったけど 今月入ってから、180万円ほどプラスになってます。 少し前が簡単すぎたので 正直、動きが読みづらいというのが本音ですね
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN