金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

マイナンバーに関するQ&A

マイナンバーに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「マイナンバー」をご覧ください。

2015年06月15日 Q.質問
結局マイナンバー制度ってお役人様が楽になるだけで、一般ピーポーにはメリットって無さそうですが、何かあるのですか? 色々な手続きの簡素化? そんな事ぁは今とさして変わりないと思いますけど。 大体相変わらず不祥事を起こした日本年金機構の様に、九分九厘情報流出があると思いますが、その時誰がどの様に責任を取るんでしょうね。 何しろスパイ防止法案の類も無いノーテンキな日本ですから、あらゆる情報を一元化する様な事を考えているマイナンバーなんか真っ先に狙われる様な気がしますが・・・ 阿部さんも何だかんだと「今がチャンス!」とばかり勢いで推し進めている感があるけど・・・困ったもんだ!
2015年06月30日 A.回答
一般に言われているマイナンバーのメリットは全て嘘であり否定できます。 ●事務コストが低くなるは嘘 マイナンバーと住基ネットは元々の方向性は同じです。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14145639304 元々住基ネットは「地方自治体で使うので国は関与しない」と国民をだましてで裏で準備を進めて後になって国民総背番号制のような制度に変貌させる計画していたのですが、新規受注利権と外国人や法人と区分けした日本人の個人金融資産の元本捕捉する目的のために桁数を増やして導入する計画にしたためマイナンバーが浮上し、住基ネットは煮えかけた鍋を放り出すような形で中途半端な位置づけになったものです。 住基ネットで公務員を削減達成などの話を聞いたことはありませんし、本来なら国民を欺いて住基ネットを国民総背番号制にようなシステムにする予定でいたのをマイナンバーの受注利権のために簡単に放棄しているのです。 2番目のリンクの③でも触れるようにコストも却ってかかります。 ●仮名口座 生活保護不正受給 脱税対策に効果を発揮するは嘘 以下参照して下さい。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14145081404 ①~⑤にあるように脱税などマイナンバーがなくても捕捉率は高いです。それどころか完全に経費倒れ、更に過去に財務省が考えていた納税者番号制については給与や株の損益などを合算した総合課税に適用することは財務省は徹底抗戦して潰し、個人金融資産の元本捕捉だけを目的にしています。 財務省は公平な課税だのそのようなものは頭から眼中にないことは明白です。 デメリットの方を挙げるなら主に2つあります。 ●個人情報漏洩の犯罪大国になる恐れがあること http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10144179570 ●個人の資産が脅かされる危険が高いこと。 政府税制調査会の歴代会長、あるいは行政改革に取り組もうとした議員の著書を読むと決まって以下のような記述に行き当たります。 「官僚達に行政改革をして借金を真面目に返そうとする意思はほとんど見られない。20%を超える消費税率の引き上げ、あるいは調整インフレをおこしてモノの値を上げて実質的に国の借金を減らす。そうなると庶民の生活が苦しくなるのは目に見えている。日本の将来を閉ざす悪辣な手段である。それを真剣に官僚もいるのだ」 そりゃ、日本の将来を閉ざす手段と言われて当然です。 ・日本の国債の約95%が国内で消化で銀行預金なども大半が国債購入に充てられている ・日本の個人金融資産の85%は預金、保険、債券などであり調整インフレを起こせば価値が下がる。 その一方でふざけた予算要求、天下りや渡りによる役員報酬や退職金など手付かずです。 身を切る改革をせずに国民にしわ寄せをかぶせる目的の官僚が考えることは3つしかありません。 ・調整インフレで国の借金を踏み倒す→今アベノミクスでやっています ・増税をする→「消費税増税しないと国債暴落するぞ」と脅しています ・預金封鎖のような形で財産を没収する。→マイナンバーで法整備を進めています 2番目のリンクでも触れていますが1997年から大蔵省で預金封鎖の計画と法整備が進んでおり1946年2月に行われたように預金凍結 個人の預金の一部没収のような計画にマイナンバーが必要とされています。 その内容は以下のようなものだったそうです ・国債・地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする ・郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。このため預金者などに対しては一切の払い出し・解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。 ・民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットする 仮にこのシナリオが回避されるとしても増税と調整インフレで以下のようなシナリオが用意されています。 2000年に経団連が財務省と検討した内容を経団連が勝手に暴露してしまったことはあります。 (これは歳出構造を見直さないシナリオですが) ・消費税率は段階的増税で 25.5% ・基礎年金給付は賃金スライド実施。報酬比例部分の給付水準は既定路線を維持(5%抑制) ・基礎年金国庫負担割合は2分の1に引き上げ ・厚生年金保険料率は段階的に34.5%にまで引き上げ ・一人当たりの医療費は毎年前年比4%ずつ増額していく ・高齢者医療費は自己負担2割 ・医療保険負担は現行制度を前提とした負担増の1.4倍 ・その他所得税増税などで国民負担率を72%~80%超にまで引き上げる。 官僚が身を切る改革をせずに国民負担を増やすことを考えていますが取りうる選択肢の1つに預金封鎖がありそのために今マイナンバーで銀行預金と紐付けしようとしています。 マイナンバーにメリットなしデメリットだけと断言できます。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN