金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

不動産所得に関するQ&A

不動産所得に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「不動産所得」をご覧ください。

2015年10月24日 Q.質問
税理士の毎月の顧問料についての質問です。 小売業・不動産業で役員を入れて6人です。年間の売上はだいたい2億くらいです。 現在の税理士事務所が行っている業務は以下の通りです。 毎月の業務 1記帳代行業務毎月250仕訳くらい。 2給与計算6人分(固定給ですが社保が変わればちゃと計算してくれてます。) 3源泉所得税の納付書作成(毎月納付) 4試算表の説明 5銀行へ毎月試算表と税理士事務所が作成し た資料をファックスしてもらってます。 6毎月税理士補助の人が来てくれます。 7資料を隣のコンビニでコピーしてもらってます。 毎月以外の業務 ・法人確定申告(コピーしてもらって銀行へ郵送してもらってます。) ・算定基礎届 ・労災計算う ・年末調整 ・法定調書 ・償却資産の申告書 ・給与支払報告書・総括表の送付 税理士報酬 毎月45000円×12 決算料400000円 年末調整料50000円 経営が厳しく、銀行の借入があるので減価償却で微妙に利益調整をしてもらって少しだけ税金を納めました。 しかし、毎年の税理士へ払う料金が高すぎて納得出来ません。 この報酬は高すぎますか? 世の中の相場なら、いくらか教えて下さい。
2015年11月08日 A.回答
あんたが仕事してないから料金が高いんだよ。 何もしてねえじゃん。 高いと思ったら自分でやれ。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN