金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ソーシャルレンディングに関するQ&A

ソーシャルレンディングに関する質問情報を掲載しています。用語解説については「ソーシャルレンディング」をご覧ください。

2017年01月31日 Q.質問
ソーシャルレンディングサービス、マネオ!について。 maneoについて!このサイトの言っていることが気になります。 http://www.makit.co.jp/systemtrade/index.php/archives/212 この時期はそうだったのかもわかりませんが(10年前の記事なので) 今では違いますよね? 実質利回り6パーセント、ならば、マネオの取り分はボロワー(貸し手)に+3パーセント。などをしているので結果貸し手に9パーセントしているのであって、レンダーは税引き分の6パーセントがそのまま支払われる(税率かわらず、返済済み)ということでよろしいでしょうか? つまり「投資収益シミュレーション」の数字は正確なのかとお聞きしたく、質問しました。 ご教授お願いしますm(_ _)m
2017年02月04日 A.回答
>実質利回り6パーセント、ならば、(中略)レンダーは税引き分の6パーセントがそのまま支払われる(税率かわらず、返済済み)ということでよろしいでしょうか? 2008年ごろはさまざまな手数料があったようですが、今はそういった手数用がないので、利回り6%のファンドなら、6%の配当から源泉徴収分20%強が引かれた金額がmaneoの口座に入金される仕組みになっています。 >つまり「投資収益シミュレーション」の数字は正確なのかとお聞きしたく、質問しました。 私が計算した限りでは、投資収益シミュレーションは、大体の目安にはなると思います。正確ではないようです。 ためしに、”成立ローン総額600億円突破記念ローンファンド7号(案件1:AN社、案件2:AN社、案件3:C社)”で計算してみました。 https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=1608 投資収益シミュレーションに最大値の6005と入力すると、収益(税引き前)が8,054,805 円になります。 8,054,805 円は23か月分の収益なので、1年あたりの収益(税引き前)は、23で割って12をかければ出ます。 8054805*12/23=4202506.95652… ※誤差を小さくするため掛け算を先にしました。 1年当たりの収益(税引き前)は約4,202,507円と出ました。 1年あたりの収益(税引き前)をファンドの総額6,005万円で割ると、 4202507/60050000=0.069983… 私の計算に誤差も出るので、投資収益シミュレーションは、年利7%で計算されていると思われます。 しかし、上記のファンドは3つの案件で構成されていて、リンク先を見ればわかりますが、案件1の貸付金額:40,000,000円で運用利回り:7 %、案件2の貸付金額:20,000,000円で運用利回り:6.5 %、案件3の貸付金額 :50,000円で運用利回り:6 %になっていて、明らかに年利7%にはなりません。 私の計算では、1年あたりの収益(税引き前)は、 40000000*0.07+20000000*0.065+50000*0.06=4103000 となり、年利を計算すると、 4103000/60050000=0.06832… で、年利は約6.8%になりました。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN