金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

TPP(環太平洋経済連携協定)に関するQ&A

TPP(環太平洋経済連携協定)に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「TPP(環太平洋経済連携協定)」をご覧ください。

2011年12月18日 Q.質問
経済学、三橋貴明氏について。 TPP問題から経済学に興味を持ち始め、色々とネットで調べているうちに 三橋貴明という人物に遭遇しました。試しに彼の本「経済と国家がわかる国民の教養」を 購入し読むと非常に面白くて目からウロコの連発でした。 そしてまた彼の本を購入しようと色々とネットを徘徊していると、三橋氏は かなり賛否両論ある人だという事がわかりました。 恥ずかしい話で私は経済に高校レベル程度の理解しかなく (大学では法学や宗教学を学んでいますし・・・)、何が正しいのかもよくわかりませんので 三橋氏の理論に何の疑問も抱くことなくホイホイ頭に入ってきて 「あ~この人の言ってる事は正しいんだ~」と思ってしまいます。 一方で、主に2chですが 「三橋は経済を全然理解していない」 「こいつはまともな経済学者に相手にされてないからなぁ(笑」 「三橋はバカを騙すのがうまいんだよww」 などの声も多く、彼の本を中心に経済学の理解を深めようと思っている 私はとても不安です。まぁ、2chのコメントを真に受けてる私がおかしいんでしょうけど・・・(笑 単に左翼系の人がうざいからってネガティブキャンペーンを張りまくってる可能性もありますし。 ただ・・・ん~何というか、私なりに調べたところ、三橋氏の主張に真っ向からぶつかって討論で 誰々が完全に三橋氏を論破して三橋氏がタジタジだったとか、そういった話は少なくて、 逆に三橋氏がデータを用いて対論者をボコボコにしたという話の方がよく目にします。 ネット上の三橋批判の声も、なんというかただ「わかってない」の連発中傷で 経済学的側面から論理的な批判もあまり目にしません(どこがどういう風にわかってないとかの具体的批判も・・・)。 彼の本で経済学を学ぶことは有効でしょうか? 皆様の主観で結構ですので彼に対する意見や評価をお聞かせください。 「経済を理解してない」という方がおられるならば、その具体的な理由についても教えてください。 よろしくお願いします。
2011年12月24日 A.回答
さて・・彼は、作家であって、経済評論家だそうです。 経済だっていろんな論点があって、例えば、増税論や日本(政府)の負債に関する見方だって いろんな側面からの見方、判断になりますから、全て、三橋氏の見方が、パーフェクトってわけでもないでしょうし、 また、ベターなものも、そうで、無いものもあると思います。 例えば、日本(政府)の負債について、政府には、通貨発行権があるので、問題ない。など言ってますが・・そうでしょうか? これも、現状では、国民からの借金で成り立って、外国からの借金でないのですが・・既に、1000兆円に近くなって、 国民の預貯金では、このまま、続けば、補填できなくなって、そうなれば、まずは、外貨準備高の取崩し、そして、諸外国からの借金と繋がって行きますね・・もしそうなれば、国債各付けの低い日本国の国債金利は、今よりもずいぶん高い金利が要求されるでしょう・・と、言うことで。これ国債は、もう、これ以上に発行できないレベルに達しています。 ただ、国債残高が高ければ、デフォルトになるわけではなくて、別に残高が高くても、きちっと償還して行けるレベルでしたら、問題はありません。。今は、その限界でしょう・・ しかし・・政府は、通貨発行権があるから問題は無い、返せなければ、円を刷って渡せばいい。とは、行きませんね・・ 現状で、国債費の内に、支払い金利が10兆円です。これを、通貨発行で補う形になれば、通貨の発行量(既存約70兆)が、急増し、通貨の価値が下がって、通貨危機を起こすでしょう・・まあ、全額じゃなくて、少しなら余力もあって程度にもよりますが。。 また・・別の見方として、国債は、国民に取っては金を貸しているのだから、国民に取っては債権である。との見方があります。 しかし、その国債は、既に、国家が国のため(そうは、思わなくても、国家支出されているので国、国民の為の支出です)に使われ、国民は、その利益を享受してますから。本来、国民が税金として負担すべきものでもあったと言う見方も成立します。つまり、国債は、国民に取って、債権ではなく。税金の未払金である、とも考える事ができます・・そう云う観点では、国民の借金と言う側面も持ち得るわけですね・・この考え方は、円の増刷なしに、国家財政、経済を回していこうとする考えに基づくわけです。 と、まあ・・つべこべ言いましたが・・いろんな論理を見比べるのも重要かと思います。そうじゃないと、特別な論理に執着し、盲信して信者になってしまうかも知れません・・ただ、三橋氏の論理はとても興味深いし、出すデータは、真面目まものが多いと思います。後は、そのデータをどう解析し、どの様な論理にもって行くかです。その過程で、右翼思考や左翼思考など、特別な、価値観が働くとニュートラルな論理にはなりませんよね。。 中野氏は・・経済学者ではありますが・・実は、経済産業省原発畑の経済官僚です・・今は、たまたま、経産省から出向して京大の准教授をされています。彼は・・西部邁に師事していて、発言者塾に属している事もあって、彼の論評は、かなり右傾化してます。 ウィキペディアによれば・・『経済評論家』=経済学者とは同義ではなく、大学などの研究機関で経済理論を研究するよりは、一般社会に向けて経済の現状分析や将来動向についての解説を行う人物を指す事が多い。ただし、経済評論家はしばしば経済学者の英訳である「エコノミスト (曖昧さ回避)」という言葉で紹介される、あるいは自称する事がある。・・と言うことです。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN