金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

上値抵抗線に関するQ&A

上値抵抗線に関する質問情報を掲載しています。用語解説については「上値抵抗線」をご覧ください。

2012年04月09日 Q.質問
単純移動平均線が上値抵抗線として効いてますね?(ドル円) サブプライムショックから現在までを月足チャートでご覧あれ。単純移動平均線の期間を15に設定してください。この期間の平均線がほぼ綺麗に上値抵抗線として効いています。例えばリーマンショック直前までチャートは一旦調整で上昇しますが、移動平均線にタッチした後下落しまいます。 又、東日本大震災後の協調介入でドル円は85円まで上昇していますが、ここでも期間15の単純移動平均線に頭を押さえられています。 みなさんはどう思いますか?まぐれだと思う?
2012年04月11日 A.回答
チエリアンではない一般からの回答で申し訳ありません。 実際に表示してみました。 なるほど15期間移動平均が機能していたんだと思います。 移動平均線もトレンドラインと似たような使い方ができると思うのでこれを元にトレードしていればしっかり取れたかもしれませんね。 ブレイクならブレイク。 反発なら反発。 で目線を固定して損小利大でやっていれば大儲けできますね。 当然ながらその時々で機能する期間が変わってくるのですが、15が機能していたということはそれだけ強い下落だったということでしょうね。 ちなみに今は大きく上抜けした後なので、これからどうなるか見ものですね。 この勢いだと80円を割ってしまいそうな勢い。 今でも凄い勢いですが、80円を割るとそれにもまして円高が加速しそうですね。
 

金融経済用語辞典TOP / Q&Aの元記事に戻る

このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。
金融情報に関するQ&Aという性質上「時事的な内容」も多く投稿されています。参考にされる場合には必ず投稿された日時をご確認下さい。また、内容の正確性は保証いたしませんのでご了承下さい。


Webサービス by Yahoo! JAPAN