金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

取引所集中義務とは

取引所集中義務(とりひきじょしゅうちゅうぎむ)とは、株取引において証券会社が顧客投資家から売買注文を受け付けた場合は、証券自己(自己売買部門)や第三者と取引させるのではなく、必ず証券取引所に注文を流して取引を集中させなければならないという規定のこと。

取引所に注文を集中させることで、出来高を増やし株価(価格)をより信頼性のあるものにするという面で意義があった。しかしながら、多様化する投資家のニーズなどに伴い、1998年12月に取引所集中義務の廃止となった。
現在では、市場外取引、立会外取引などが認められており、特に近年ではネット証券を中心とした「PTS(私設取引システム)」などが急拡大している。

もしかして?(取引所集中義務関連用語一覧)

  1. 都市銀行
  2. トリガー価格
  3. 特別目的会社
  4. 特別口座
  5. 土地信託

 

 

取引所集中義務の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:と行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 取引所・マーケット , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

取引所集中義務に関するクチコミ・投稿情報

取引所集中義務に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り取引所集中義務に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

BB国債価格(引値) 平成10年12月1日、取引所集中義務の廃止を契機として当社が発表を開始した国債価格。 の会社ってどこ? …