金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

アンダーパフォームとは

アンダーパフォームとは、株式相場用語の一つ。一定の期間で個別銘柄や投資信託などの上昇率が、ベンチマークとなる日経平均やTOPIXなどと比較して、ベンチマーク以下の水準となることを指す。アンダーパフォーマンスとも言われる。

アナリストが銘柄分析をする場合などに使われる。相対的な評価であり、日経平均やTOPIXがプラスとなる場合は、そのプラス幅より小さければたとえプラスであっても「アンダーパフォーム」とされる。
対義語はアウトパフォーム。

アンダーパフォームに関する特選サイト
アンダーパフォームについて金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

株式投資と証券会社のレーティング

もしかして?(アンダーパフォーム関連用語一覧)

  1. アセットアロケーション
  2. アンダーパー(債券用語)
  3. アンダーライティング
  4. アノマリー
  5. 新たな形態の銀行

 

 

アンダーパフォームの登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:あ行
サブカテゴリ(5):ジャンル別 , 相場 , チャート分析 , 金融・投資理論 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

アンダーパフォームに関するクチコミ・投稿情報

アンダーパフォームに関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りアンダーパフォームに合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

株用語ですが、格付け会社がリポートでアンダーパフォームで、目標価格100円でカバレッジしたとあるのですが、意味がわかりません。株価現在150 …
「日本は物価上昇が歓迎される国」という表現をニュースで見かけたのですが、 物価上昇→金利を上げる→異常な低金利状態が解消される という考 …
格付けと目標ってどこで見るの? 例えば エルピーダ<6665.T> マッコーリー証が11日付で同社の投資判断を「アンダーパ …
中国の上海株式市場に連動した運用方法でおすすめは何ですか? 先ず、上海株式市場の株価指数に連動した投資信託での運用を考えてみました。 しか …