金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

課税の三原則とは

課税の三原則(かぜいのさんげんそく)とは、税金という社会維持のために強制的に徴収されるものであるからこそ、原則に従い誰もが納得できる形で構成されなければならないという考え方の基、「公平」「中立」「簡素」の三つの原則により構成されるべきという考え方。

公平
垂直的公平と水平的公平に代表される。特定の人が有利になったり、不利になったりしない公平な課税でなくてはならないと言う考え方。

中立
税制により特定個人や企業に対して優遇したり、重い負担を求めたりせず、経済活動に対して中立を保つべきという考え方。特定の税制の存在により企業や個人の経済的活動に対して恣意的な行動を求めてはいけないという考え方。

簡素
税制は誰でもよくわかり、経費がかからない手法により徴収されなくてはならないという考え方。

もしかして?(課税の三原則関連用語一覧)

  1. 株主総会
  2. 外国人投資家
  3. ガンマ
  4. カントリーリスク
  5. 買われすぎ

 

 

課税の三原則の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:か行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 税金・租税 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

課税の三原則に関するクチコミ・投稿情報

課税の三原則に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り課税の三原則に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

法人の経理をしています。免税業者なのに開業して三期目だったので原則課税で申告納付してしまいました。そのため更正の請求をして消費税を還付しても …
【TPP交渉参加】 米国の要請をふまえ麻生財務相、かんぽ生命保険の新商品の凍結表明 がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のう …
A社とB社(子会社)があります。B社の売上は100%A社からのものです。毎月A社はB社にたいする外注費をたて、B社はA社に対する売上を立てま …
会計事務所で働いています。 四月決算の会社で今期が三期目なので今季から消費税がかかります。 ですが会社の業績が悪いので会社を20年4月で休業 …
個人事業主をしています。 今年度と来年度の課税売上が1000万を超える予定で、 法人化すべきか悩んでいます。 https://www.nt …