金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

変動相場制とは

変動相場制(へんどうそうばせい)とは、通過間において固定的な交換比率が存在せず、相場が需要と供給に応じて変動する為替相場のこと。対義語は固定相場制。

1971年のニクソンショック以前は米ドルと金による固定相場(金本位制)が築かれていたが、各国間の固定相場は維持されつつも米ドル間での切り上げが行われ、1973年に日本を含む先進各国は変動相場制へと移行した。なお、この変動相場制は1976年のIMF暫定委員会で正式に承認された(キングストン体制)。

もしかして?(変動相場制関連用語一覧)

  1. 別途積立金
  2. 平準定期保険
  3. 変額保険
  4. 平均余命
  5. 平均分散アプローチ

 

 

変動相場制の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:へ行
サブカテゴリ(4):ジャンル別 , 通貨・貨幣 , 外国為替取引 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

変動相場制に関するクチコミ・投稿情報

変動相場制に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り変動相場制に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした