金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

平均余命とは

平均余命(へいきんよめい)とは保険用語で、ある年齢の人が今後生存する平均年数のことを指す。0歳の平均余命=平均寿命となる。平均余命は簡易生命表という形で厚生労働省が発表している。たとえば平成22年7月の簡易生命表によると、当時20歳の人の平均余命は男性で60.04年となっている。

この平均余命は基準となる年の死亡条件が変わらないとした場合に、各年齢の人間が平均的にあと何年生きることができるのかという期待値を示している。

なお、生命表は、国(厚生労働省)が作成するもの以外に、生命保険会社が作成する「日本全会社生命表」というものもある。

もしかして?(平均余命関連用語一覧)

  1. 別途積立金
  2. 平準定期保険
  3. 変額保険
  4. 平均分散アプローチ
  5. ベア相場

 

 

平均余命の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:へ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 保険会社 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

平均余命に関するクチコミ・投稿情報

平均余命に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り平均余命に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした