金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

変額保険とは

変額保険(へんがくほけん)とは、保険金額が実際の運用実績に応じて変動するタイプの保険を指す。通常の保険は保険金額は一定であるが、変額保険の場合は、運用状況等に応じて保険金の額が変動する。ただし、死亡保険金の額に関しては最低額が保証されており、実際の変動の塀今日を受けるのは解約返戻金や満期保険金の部分となる。対義語は「定額保険」。

通常の定額保険では、払込をした保険料のうち、積立部分に関しては保険会社が予定利率等に従って運用成果を保証しているのに対して、変額保険の場合はそれが保証されていない。

基本的に変額保険は通常の定額保険のケースと異なり、運用におけるリスクを負うことになるので、どのようなリスクがあるのかを契約前にじっしくりと確認する必要がある。

もしかして?(変額保険関連用語一覧)

  1. 別途積立金
  2. 平準定期保険
  3. 平均余命
  4. 平均分散アプローチ
  5. ベア相場

 

 

変額保険の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:へ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 保険会社 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

変額保険に関するクチコミ・投稿情報

変額保険に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り変額保険に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした