金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

変動金利とは

変動金利(へんどうきんり)とは、その名前の通り金利が変動することを指す。多くの場合は預金や債券などの金利や、住宅ローン等の返済金利のことを指す場合が多い。一般的には、市場金利の変動により金利水準が変動することを言う。

対義語は「固定金利」であり、変動金利の場合は市場金利が変化することにより受け取る金利(または支払う金利)が変わってくるものである。

例えば、住宅ローンの金利の場合、「変動金利」ではローンの返済額が市場金利の変動により変わってくることになるなる。市場金利が上昇すると、ローン総額に対する利息の支払額が大きくなるため、返済額も大きくなってしまう。逆に市場金利が下がると、ローン返済額も小さくなる。

変動金利に関する特選サイト
変動金利について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

変動金利住宅ローンのしくみ

もしかして?(変動金利関連用語一覧)

  1. 別途積立金
  2. 平準定期保険
  3. 変額保険
  4. 平均余命
  5. 平均分散アプローチ

 

 

変動金利の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:へ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 金利 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

変動金利に関するクチコミ・投稿情報

変動金利に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り変動金利に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした