金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

PEGレシオとは

PEGレシオ(Price Earnings Growth Ratio)。株式の予想株価収益率(PER)を一株あたり利益(EPS)の予想成長率で割って計算する。投資家ジム・スレイダーが考案したもの。

PEGレシオ=PER/利益成長率
で計算され、1以下なら割安というように判断する。例えば、PERが20倍、利益成長率が30%の会社であったとすると、PEGレシオは、20/30=0.66倍というように判断される。

利益成長率については、主に市場コンセンサス予想の数値を利用するのが一般的。PEGレシオは株価との相関性が比較的高いといわれており、PEGレシオの低い銘柄を集める戦略をGARP戦略(Growth At a Reasonable Price)と呼ばれ、GARP戦略によるファンド(投資信託)も設定されている。

PEGレシオに関する特選サイト
PEGレシオについて金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

投資信託入門講座

もしかして?(PEGレシオ関連用語一覧)

  1. PFI(Private Finance Initiative)
  2. PBR(株価純資産倍率)
  3. PTS
  4. Pips
  5. PPP

 

 

PEGレシオの登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:P
サブカテゴリ(4):ジャンル別 , 財務分析 , 金融・投資理論 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

PEGレシオに関するクチコミ・投稿情報

PEGレシオに関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りPEGレシオに合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

PEGレシオについて教えてください。 …
以下の問題を解説してください。 1 今、株価が300円の某銘柄を5万株、信用取引を使って空売りを行った。このとき、委託保証金率を35%、また …
PORとPEGレシオについて質問です 全体の平均は何倍くらいになるのでしょうか?また、割安と判断できるのは何倍くらいでしょうか、教えてくださ …
PEGレシオって何? それは数字で表されるのでしょうか? もし数字ならその数字は高いほうが良いのでしょうか? 低い方が良いのでしょうか? ど …