金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

マーケットニュートラルとは

マーケットニュートラルとは、ヘッジファンドなどにおける代表的な投資手法の一つ。マーケット(市場)に対してニュートラル(中立)となるような投資方法のことを指し、市場の変動に影響を受けない投資法のこと。ロングショート戦略とも呼ばれる。

代表的なマーケットニュートラル戦略として株式市場の例で説明をする。

例えば、銀行セクターにおいて、割高だと判断したA銀行と割安だと判断しているB銀行があるとする。通常なら、B銀行の株式を買えばいいのだが、市場全体(例えば日経平均など)が下げた場合は当然B銀行の株価も下がってしまう。
このリスクに対応するため、割高であるA銀行の株式を空売りして(ショートポジションを持つ)、割安なB銀行の株式を同数量購入する(ロングポジションを持つ)。

こうすることで、市場が下げた場合はA銀行もB銀行も株価も下がるが、A銀行を空売りしていることで、下げたときのリスクを回避できる。一方市場が上げた場合はB銀行の値上がり分でA銀行の損失をカバーすることができる。いわゆるヘッジ取引ともなり、リスクヘッジの代表的な手法である。

一方A銀行は割高、B銀行は割安であるため、A銀行と比較してB銀行の株価は相対的に高くなるため、その割安分の利益だけを得ることができるというものである。
このように、日経平均などの市場(マーケット)の影響を受けない(受けにくい)ことから、こうした取引をマーケットニュートラルと呼ぶ。

マーケットニュートラルに関する特選サイト
マーケットニュートラルについて金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

ロングショート戦略とは

もしかして?(マーケットニュートラル関連用語一覧)

  1. マクロ経済スライド
  2. 街角景気
  3. マイナンバー
  4. マイナス金利
  5. マネーストック

 

 

マーケットニュートラルの登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:ま行
サブカテゴリ(4):ジャンル別 , 取引・トレード , リスク , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

マーケットニュートラルに関するクチコミ・投稿情報

マーケットニュートラルに関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りマーケットニュートラルに合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

「ヘッジファンド」って簡潔に言うと、どういう意味でしょうか? 表題通りです。 Wikipediaで調べても、イメージが沸きませんでした。 …
マーケット・ニュートラルと裁定取引やペアトレードなどは 全く同じものですか? (1)マーケット・ニュートラル (2)裁定取引 アービトラージ …
株式マーケットニュートラル戦略は、トピックスをユニバースにするものより、日経225をユニバースにする方が倒産リスクがない分安全だと思いますか …