金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ADR(American Depository Reciept)とは

ADR(エーディーアール)とは、American Depository Recieptの略称で、アメリカ預託証券の事を指す。米国の株式市場において外国企業の株式等が取引される際に行われる一般的な形態である。

米国外の企業が米国において株式の発行等により資金を集める際、通常株券の受け渡しを行うと手間もかかるうえ、配当金の支払についても通常は外国企業本国通貨で支払われるのが一般的で、不便である。そのため、米国においてはADR(米国預託証券)という形式をとり、米ドル建てで売買が行われ、配当金についても米ドルで受け取ることができるようになっている。

ADRは米国の証券取引委員会(SEC)に登録されており、事実上米国内の有価証券として取り扱われている。ADRの取引価格は通常本国株価と連動する。

もしかして?(ADR(American Depository Reciept)関連用語一覧)

  1. ADP全国雇用指数
  2. Ask
  3. ASEAN(Association of South East Asian Nations)
  4. APEC(Asia-Pacific Economic Co-operation)
  5. AGM(Annual General Meeting)

 

 

ADR(American Depository Reciept)の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:A
サブカテゴリ(5):ジャンル別 , 証券 , 株式投資 , 取引所・マーケット , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

ADR(American Depository Reciept)に関するクチコミ・投稿情報

ADR(American Depository Reciept)に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りADR(American Depository Reciept)に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした