金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

CME(Chicago Mercantile Exchabge)とは

CME(Chicago Mercantile Exchabge)とは、シカゴ・マーカンタイル取引所のこと。金融先物商品を世界で一番目に上場させた取引所。短期金利先物と通貨先物を専門的に扱う取引所の一つ。

世界最大かつ国際的な先物市場で24時間取引が可能なグローベックス市場も開設している。日経平均先物などの画像の金融商品の先物が活発に取引されている。

なお、日経平均株価(NIKKEI225)の先物が上場していることから、日本でCMEという場合は、日本時間の深夜に取引されている日経平均株価自体のことを指すことも多い。
また、取引量も大きいことから、翌日の日経平均株価を占う上でも重要な価格であるととらえている投資家も多い。

CME(Chicago Mercantile Exchabge)に関する特選サイト
CME(Chicago Mercantile Exchabge)について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

日経平均先物取引とは
日経225先物取引の取引時間

もしかして?(CME(Chicago Mercantile Exchabge)関連用語一覧)

  1. CI(Composite Index)
  2. CFD
  3. CPI(Consumer Price Index)
  4. COMEX(Commodity Exchange Inc)
  5. CFTC(Commodities Futures Trading Commission)

 

 

CME(Chicago Mercantile Exchabge)の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:C
サブカテゴリ(4):ジャンル別 , 取引所・マーケット , 先物取引 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

CME(Chicago Mercantile Exchabge)に関するクチコミ・投稿情報

CME(Chicago Mercantile Exchabge)に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りCME(Chicago Mercantile Exchabge)に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした