金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

消費者信頼感指数とは

消費者信頼感指数(しょうひしゃしんらいかんしすう)とは、アンケート調査により行われる統計の一つ。アンケートにより現在と将来の景況感、雇用、所得などの項目で「楽観している」「悲観している」の二つかr回答をもらいその数字を統計するもの。
消費者の意思が反映される統計であり、特に個人消費がGDPの多くをしめる米国においては景気との連動性が高い指標として注目されている。

米国消費者信頼感指数やミシガン大学消費者信頼感指数などがある。注目度が高いのは全米産業審議委員会(コンファレンスボード)が行う「米国消費者信頼感指数」。
単に、消費者信頼感指数という場合はコンファレンスボードのものを指すのが一般的。

もしかして?(消費者信頼感指数関連用語一覧)

  1. ジャンク債
  2. シャープレシオ
  3. 私募
  4. 商業銀行
  5. 下値支持線

 

 

消費者信頼感指数の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:し行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 経済指標 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

消費者信頼感指数に関するクチコミ・投稿情報

消費者信頼感指数に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り消費者信頼感指数に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした