金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

パックマンディフェンスとは

パックマンディフェンス(Pac Man Defence)とは、企業のM&Aに関する用語の一種で買収防衛策の一つ。人気ゲーム「パックマン」の名前に由来する。

企業の買収に対抗するために、反対に相手の会社に対して買収を仕掛けることを指す。カウンターテンダーともいわれる。例えば、A社がB社により買収されそうになったとき、逆にA社自身もB社に対して買収を仕掛けるというもの。

もしかして?(パックマンディフェンス関連用語一覧)

  1. バニラオプション
  2. ハイイールド債
  3. 配当性向
  4. バリアオプション
  5. 反対売買

 

 

パックマンディフェンスの登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:は行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 買収・M&A , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

パックマンディフェンスに関するクチコミ・投稿情報

パックマンディフェンスに関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りパックマンディフェンスに合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

パックマンディフェンスは、 語源はナムコの「パックマン」ですか? …
「パックマン・ディフェンス」という言葉は、ナムコの著作権に引っかからないんでしょうか? …
株式についての専門用語が紙面を賑わしています。 TOB ホワイトナイト パックマンディフェンス ポイズンピル まだ他にあるのでしょうか。 そ …
自分がある企業にTOBをしていたとします。 相手側が、以下のような対抗策をとってきたら、どのようにすれば良いですか? ・ポイズンピル 敵対 …