金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ブラインド方式とは

ブラインド方式とは、投資信託の売買において申し込み段階では価格が分からないようにされていることを指す。投資信託の購入や解約は注文時点では不明となっている。投資信託が保有する資産の評価額が確定した後に取引ができると既存投資家の利益が損なわれるためである。

そのため、投資信託の買い付け注文を出す場合、注文段階では正式な取引金額が分からない。
なお、ETFやREITの場合は、投資信託であっても市場で随時取引されているため、リアルタイム価格で取引が可能となる。

もしかして?(ブラインド方式関連用語一覧)

  1. フラット35
  2. 不渡り
  3. プレースメント
  4. 不良債権
  5. ブラックショールズモデル

 

 

ブラインド方式の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:ふ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , 投資信託 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

ブラインド方式に関するクチコミ・投稿情報

ブラインド方式に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りブラインド方式に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

投信などの購入時のブラインド方式ってどういう意義があるんですか?一気に買われたり売られたりするのを防ぐため、で正しいのでしょうか。経済誌を読 …