金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

弁済期限とは

弁済期限(べんさいきげん)とは、信用取引において株式の売買取引を行った場合、投資家は証券会社から買付資金を借りたり、空売りのための株券を借りたりしているが、その借りている資金や株券を返済するための期限のこと。

制度信用取引においては最長6ヶ月が弁済期限とされており、一般信用取引においては期限は証券会社が個別に定めている。一般信用取引では、弁済期限を定めていない場合がある。こうした場合を無期限信用取引と呼ぶこともある。

なお、信用取引の弁済方法は、買値と売値の差分をやりとりする差金決済と、現物による決済(現引き、現渡し)の二種類の方法がある。

弁済期限に関する特選サイト
弁済期限について金融経済用語辞典がオススメするウェブサイトを紹介します。

信用取引のしくみ

もしかして?(弁済期限関連用語一覧)

  1. 別途積立金
  2. 平準定期保険
  3. 変額保険
  4. 平均余命
  5. 平均分散アプローチ

 

 

弁済期限の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:へ行
サブカテゴリ(4):ジャンル別 , 株式投資 , 信用取引 , 索引別

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

弁済期限に関するクチコミ・投稿情報

弁済期限に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限り弁済期限に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした