金融・経済用語辞典は、最新の経済・金融に関する用語などを解説するインターネット辞書サイトです。

ヘッジ取引とは

ヘッジ取引(Hedging)とは、様々なリスクを最小化することを目的とした取引や行動の事を指す。例えば、輸出企業が為替の変動による営業上のリスクをヘッジするために、通貨オプションを購入(為替予約)する場合などが挙げられる。

このほかにも、企業規模が大きくなるほど様々なリスクがあり、例えばパン製造業者の場合は小麦価格の変動が事業場の大きなリスクとなるため、先物取引やオプション取引により小麦価格変動リスクを低減させたり、航空会社が原油価格の変動に対してオプションを購入する場合などが挙げられる。こうしたヘッジ戦略を実行する主体のことをヘッジャーと呼ぶ。リスクヘッジのための取引。
また、FX(外国為替証拠金取引)におけるカバー取引なども代表的なヘッジ取引の一つである。

もしかして?(ヘッジ取引関連用語一覧)

  1. 別途積立金
  2. 平準定期保険
  3. 変額保険
  4. 平均余命
  5. 平均分散アプローチ

 

 

ヘッジ取引の登録カテゴリ情報

メインカテゴリ:へ行
サブカテゴリ(3):ジャンル別 , オプション取引 , リスク

なお、「金融経済用語辞典トップページ」からも情報をお探しいただけます。

 

ヘッジ取引に関するクチコミ・投稿情報

ヘッジ取引に関連すると考えられるクチコミや投稿情報を表示しています。できる限りヘッジ取引に合った情報を表示できるよう努力しておりますが、時事的な質問などが表示されたり、不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

見つかりませんでした